カラーボトル
3月23日、東北放送ラジオ{カラーボトルのがらくたパレード}にゲスト出演させていただきました。
私とカラーボトルの出会いのきっかけは、NHKの伊達者音楽闘技場の番組で、私はアマチュアバンドの審査員として出たのですが、そのゲストにカラーボトルが出演。目の前で歌っているところを見て、一気に惹きこまれました、私。グッバイボーイを歌われていたのですが、なんだか衝撃的で心がズドーンと打たれた感じでした。終わった後、マネージャーに、「ああいうプロレスしよう。」と、不意に言葉にしてしまった・・。
早速、後輩達にその話をした何日か後に、後輩が仙台のアーケードの路上で歌っているところを見つけ、声を掛けたらしいのです。
そして数ヶ月後、なんと、カラーボトルさんが仙女の試合を見に来てくださり、そして、この度ラジオ出演が実現。
そして、番組の中で、私の願いの一言がまた実現。
私が作詞して、カラーボトルさんが作曲してくださることになりました。素敵な夢の世界で生きていることに感謝!!楽しみです。
ひたむきな低姿勢と歌のメッセージで更に彼らに惹かれました。是非、歌を聴いてみてください。
2007/03/26

レッドフレンジャーBBQ
祝日の昼下がり、道場にて、仙女応援団「レッドフレンジャー」でバーベキューを楽しみました。
応援団の方たちにたくさんの野菜やお米やお菓子や魚、肉を頂き、皆で手作りバーベキューを楽しみました。ありがとうございました。
昨年のいも煮会に続き二回目でしたが、前回よりも沢山の方に参加していただきました。仙台のみならず、他県からいらした方も多く、あっという間でしたが楽しかったですね!!
そうそう、人生社長も参加されました。
鰤解体ショーありゲームあり、そしてハイチグルーブの直美さんが歌を歌ってくださいました。

レッドフレンジャーは、皆でまったりと楽しく過ごす雰囲気が好きです。
皆さん、次も気軽に参加して楽しみましょうね!!
2007/03/26

仙夢コスプレ
ガイアの同志であった広田さくらが、道場の番犬・仙夢(せんむ)に洋服を作ってくれるという電話が・・

その何日か後、プレゼントした袋をあけてみると、ピンクのキラキラ生地ではありませんか!!
後輩達も大喜び、早速着せてみると、超お似合いでした。
見てください、センムのドレスアップ姿。
広田ちゃん、さすが奇才度は健在ですね・・・・。
2007/03/16

戦場トーナメント記者会見
昨日、仙台市・輪王寺ギャラリーホールにて、4月7・8日から始まるWAR〜戦場〜トーナメントの記者会見が行われました。

旗揚げ1年目にして、仙台でこんなビックイベントが開催できることを改めて実感した日でした。そして、想像以上の強豪メンバーでした。

まずは仙台の地で、優勝を目指すこと!沢山の方に女子プロレスをみていただきたい気持ちでいっぱいです。
昨年の旗揚げのときの不安だらけの体や心よりも、今は少しは芯が通って成長しているのでしょうか。
また、新たな気持ちで4月に向けて挑戦していきたいと思います。
2007/03/16

仙台高校で講演会
もう春気分になっていたのに、ここ5日間でまた冬に逆戻りしてしまいました。いきなり寒くなるとトレーニングもやる気半減・・・。いや、今週は何かと良い出会いが重なっています。
まず、宮城県の高校で初めて講演会をさせていただきました。今まで、新潟の小学校、中学校や、企業の社長さんが集まる法人会等で講演をしたことがあるのですが、高校生相手に話をするのは初めての試みでした。
仙台高校に入り校長室に入れていただき、先生方にご挨拶。なんて明るい先生方なんだろうと思いました。
生徒さんたちの特徴を聞くと、「話しをとてもまじめに聞く子たちで、こちらが心配するくらいですよ」といわれていました。
講演会のテーマは「夢を追いかけて」
1・2年生の全生徒ナント!!640人と保護者の方の前でお話させていただきました。
15歳からプロレス入門し、今年でキャリア13年目。私もまだまだ夢を追いかけている身としてですが、入門したときのお話や、10代の時の修行話、今、仙女の後輩が17・8歳で同じくらいの年代なので、その子達の頑張っている話も、少しは共感してもらえたらいいなと思いながら一生懸命話しました。先生の言われていたとおり、ホントに真剣に聞いてくれて、ビックリしました。
途中、質問コーナーから盛り上がってきて、「どんなトレーニングしているんですか?」とか「彼氏いるんですか?」とか、高校生らしい質問も可愛かった〜。
最後の記念撮影のときは、あれだけ真剣に聞いてくれた姿とは打って変わって、キャーとか「バスケ部です。」「ラグビー部です!!」とか言いながら走り回る姿に嬉しくなっちゃいました。
退場するときに何人かの子がアーチを作ってくれて、そしたらどんどん皆が集まってアーチを作ってくれて、若いエネルギーを吸収して帰ることができました。
素晴らしい生徒さん、先生方に出会えて本当に良かったです。みんな、かっこいい生き方してね。
思ってみれば、プロレスラーになって、仙台にきてから活動の幅が広がりました。人と身近に接することが多くなってきて、もっと自分のアンテナ張って、人の気持ちが直に心に響いてくるように日々、心がけています。
仙台高校の講演会はとても素敵な時間でした。聞いてくださった皆様、ありがとうございました。
2007/03/16

プロレス指導
先輩のKAORU選手、同期の植松寿絵が仙台に練習に来てくださいました。 
二人とも前日に試合だったのにも関わらず、次の日早朝からの来仙。KAORU選手は有刺鉄線マッチだったので背中傷だらけ。それでも受身とってましたから!!さすがデンジャラスビューティー!!

スパーリング相手になっていただいたり、手取り足取り細かい受身等の指導を受け、新人達は目を大きくして吸収していました。

それにしても教えることに関して、妥協を許さないKAORU選手。出来るまで付き合う、出来ないのは上の指導が悪いからと昔から言っています。
確かに受身の正確さは世界一であろうKAORU選手に教わり、私は今まで大きい怪我が一度もありません。

仙女の後輩にも是非、KAORU選手や植松の練習を体験してもらいたいと思っていたのです。

3日間の練習の最後の日、私がお誘いしたのは最近仙女トレに取り入れている山登り。道場から5分とかからない。
皆で気持ちよく汗をかきながら頂上まで登りました。と言うのは嘘で、雪が降ってきて、気温がマイナスになっていたので凍えながら登っていました・・・。
2007/03/10

スケートに行く
土曜の練習後、みんなで遊びに行きました。
行った先は、仙台市内にある{勝山スケートリンク}というスケート界では歴史のあるスケート場らしく、何も知らずに行った私達は本格的なフィギュアスケート教室の子供達の邪魔になってしまいました。
荒川静香さんを目指している未来の子供達の目に私達センダイガールズはどう映ったのでしょう。

ただただスケート場の端のトラックをスピードスケートのように滑り続け、たまに後ろ向き走行を試そうと滑るとおもいっきり転倒!!キモチよく滑る子供達から失笑が起きた程でした。
2時間程滑りまくりましたが、トリプルアクセルとかイナバウアーとか、想像して練習したら出来そうとか思った私は野暮の骨頂でした(>_<)

プロレスの技を皆さんが試したがるように、フィギュアスケートも憧れの競技ではないですか!!でも真似はしてはイケナイワ。
氷の上でバックスピンに挑戦したら膝を強打。次の日大アザが…。
プロレスの練習より危ない。

でも超楽しかったからまたみんなで行く約束をしました。

2007/03/10

ひな祭りの日
スポルタンで板垣アナウンサーが手作りの仙女ひな様を作ってくださいました。
男性がここまで細かくできるとは素晴らしい!!
心こもり過ぎ!!

今も道場に飾ってあります。
2007/03/10

春のにおい
毎年3月中旬くらいに感じる春のにおい。


今年は昨日、朝道場にいく時に春のにおいを感じました。秋はキンモクセイのにおいで秋だな〜と思いますが、春はやっぱり思い出の日と同じ風がフッと横切った時に「あっ、春だ」と思わせてくれます。
10年間在籍していたガイアジャパンの道場の目の前には、きれいな桜が毎年咲いていました。だいたい3月30日に咲き始めるのですが、練習後、先輩が帰られるときにシャッターの前で「お疲れさまでした」と見送り、頭を上げた瞬間に、緊張感が切れて、同期と桜を見ながらはしゃいでいたのを思い出します。

今年は少し春の訪れが早いですが、あのときと似た雰囲気で、仙女の新人は常に明るいです。
昨日は山登りに行きました。最近トレーニングの一環でちょくちょく登っています。山頂から見下ろした景色は最高でした。森林浴でパワー充電。

幸子が頂上で得意と言っていた木登りを見せてくれましたが、登るだけ登り降りられませんでした。

そしてお昼は、青空ランチ。
2007/02/23

東北福祉大学で研究会
18日、NEO川崎大会の試合は30分を越えるバチバチの試合となりました。川崎市体育館は、2001年12月、アジャコングとのタイトル戦以来の試合だったので、懐かしい会場に入った瞬間、胸が熱くなりました。

そして本日19日、朝から大学での研究会。内容は、「ワークショップ(考えよう地域と自分 地域資源との共創 をテーマにした大学演習の卒業研究発表会の一環)〜センダイガールズプロレスリングの観客動員をあげる為にはどうしたら良いか」

全くの新しい試みに、金政信先生始め、生徒さん達は緊張で寝むれなかったっといわれていました。そのくらい皆さんがセンダイガールズの為に真剣に打ち込んでくださり、とても楽しく色々なアイディアが飛び交いました。
東北福祉大学の研究室でおこなわれたのですが、私は高校、大学に通ったことがないので、未知の空間に足を踏み入れた感じでワクワクしました。
学生・行政・一般市民・サポーター・マスコミのかたに集まっていただき、仙女がプロスポーツとして更に仙台に根付くために各世代の方が共通して挙げたテーマは「安心・安全」
いつも近くにいるのにじっくり聞いたことがなかった方、プロレスを全く観たことがない方が挙げられた意見を聞けて、とても参考になりました。
1からみんなで仙女を作っていきたいといってくださり、とても嬉しかったです。
今日の場を生かして、今後の発展につなげていきたいです。


2007/02/19

前ページTOPページ次ページ